1. HOME
  2. 1000の道検索
  3. 世界遺産石見銀山 温泉津沖泊道~世界へ銀を運んだみち

世界遺産石見銀山 温泉津沖泊道~世界へ銀を運んだみち(島根県)

コース情報詳細

13.6km 【所要時間】240分 【高低差】430m

【このコースの付近ではクマが出没することがあります。現地の案内に従ってコースをお楽しみください。】石見銀山遺跡は、銀鉱山跡と鉱山町、街道、港と港町から構成され、環境に配慮し、自然と共生した鉱山運営を行っていたことが特に評価され、平成19年「石見銀山遺跡とその文化的景観」として、世界遺産に登録されました。温泉津沖泊道は、中世から昭和期まで、使用された街道です。大森代官所跡から、宿場町のあった西田集落を経て、生活物資や銀の出入する海の玄関口沖泊港に至ります。緑の木々や街道の趣を感じながら、銀山遺跡を巡ります。温泉津は世界遺産登録エリア内の温泉街で、訪れる方を温かく迎えてくれます。

コースの概要
距離:13.6km 所要時間:240分 高低差:430m
コースの起点
地名:大森代官所跡 最寄駅:- 最寄駅からの距離:-km 最寄のバス停:石見交通大森・大家線 大森代官所跡 最寄バス停からの距離:-km
コースの終点
地名:沖泊港 最寄駅:JR山陰本線 温泉津駅 最寄駅からの距離:-km 最寄のバス停:- 最寄バス停からの距離:-km
コースの環境・設備
トイレ:有 休憩所:有 水・食料:有 ガイド等:有 看板・標識:有 安全対策:有 近隣の宿泊:有
推奨季節
春・夏・秋
コースに関する問い合わせ先
大田市 観光振興課 電話番号:0854-88-9249
ページトップ